耳寄り!おしごと情報

介護職で増加している短期派遣の特徴

利用者の幸福を考える仕事

,

,

短期派遣の仕事の中には介護職があり、早期の離職を防ぐ一つの役割も果たしています。
それと言うのも、正社員で施設の職員として入ると、様々な重圧を受けて耐えられなくなるケースが多いからです。

それに対して、短期派遣の場合はいつでも辞められるという余裕があるので、自分なりの働き方がしやすいと言えます。
また、施設などの雇用者側としても派遣された介護士に過剰な負担をかけられないので、人材確保のためにも仕事上の裁量を広く認めています。

それでも、介護業界は一般社会と違った雰囲気があり、そうした事も踏まえておく必要があります。
先ず、介護の仕事は他のサービス業とは異なり、同じ利用者を相手にするのが一般的です。

それゆえ、人間関係が最も重要になり、一度関係が壊れてしまうと、長く後を引くことになります。
また、学校の教師や保育園の先生のように、人間の成長に関わる仕事ではなく、寧ろ人生の最後を迎える準備段階に関わるので、独特なモチベーションを必要とします。

そのため、利用者のそれまでの人生を知ることも必要で、今後の人生をどう過ごすかを一緒に考えることが大切になります。
特に認知症をはじめ、様々な身体的・精神的障害が加わってくるので、それを受け入れながら最大限の支援を行なっていく必要があります。

また、介護の仕事とは医療とは違うことをよく認識した上で、医療では提供できない幸福を考える仕事だと理解することが重要です。
この仕事の最大の特徴は、知識だけでは行えないことで、経験を積みながら人生の豊かさを追い求められることです。