耳寄り!おしごと情報

介護職で増加している短期派遣の特徴

働き方稼ぎ方を吟味する

,

,

近年介護施設では、短期派遣で働くスタッフが増えています。
短期派遣は空いた時間に一日から働けるのが特徴なので、家庭と両立しながら働く人や副業として本業が終わった後に働く人が多くいるのです。

派遣の給与は昼間平均が1000円、夜勤は1700円が相場ですが、介護福祉士やケアマネの資格を持っている人は更に高い時給が貰えます。
もちろん無資格でも働く事が出来るので、やる気さえあれば誰でも稼げる等メリットは多いです。

介護施設から見ても常勤スタッフの急な欠員にすぐ対応出来るので、最低限の常勤スタッフで運営出来るメリットがあります。
よって双方共にメリットの多い短期派遣ですが、働く人の状況によってはデメリットにもなるのです。

ますボーナスが無い為、同じ時間働いても正社員より年収は低い傾向があります。
また福利厚生も無いので、病気や怪我等身体を壊して働けない時は無給です。

その上重要な仕事は正社員が行う施設がほとんどです。
資格のある派遣でも与えられる仕事は下の世話や入浴補助等、体力のいる仕事ばかりと言う事が多々あります。

それにもかかわらず施設側が必要無いと判断したら、すぐ他の派遣にチェンジ可能なのでいつまで仕事があるかは分からないのです。
よって派遣で働く人は都合の良い時にお金を稼げると、割り切って働く人が適しています。

逆に家族を養う、老後の貯金を溜めたい等、安定した一定の収入を得たい人は正社員の方が向いているでしょう。